ハクビシンは、もともとは日本にいなかった外来種と考えられている野生動物で、その名のとおり、(漢字で「白鼻芯」)顔の真ん中、額から鼻にかけてある白い線のような模様が特徴です。

低い山林に生息していますが、近年は都市部にもあらわれ日本のほぼ全域にいるとされています。

なぜ害獣といわれるのか

ハクビシン 駆除 費用

ハクビシンは雑食で、果物、植物の種、小動物、昆虫などを食べるのですが、特に果物を好みます。

そのため、農作物を食い荒らします

民家の屋根裏、床下などに住み着いて糞尿をする

ハクビシンは基本、母子の家族単位で生活するのですが、糞を同じ場所で繰り返しする習性があり、糞のたまり場が出来てしまいます。

それによって、不衛生な環境となり、また糞の腐敗が民家の材木や断熱材などに被害を与えます。

ハクビシンの駆除

ハクビシンの駆除は、簡単には出来ません。

ハクビシンの捕獲には、「鳥獣保護法」で規制されており、狩猟免許(わな猟免許)と、該当地域の都道府県に狩猟者登録が必要です。

ハクビシンの被害にあったら

  • 市役所に相談してみる。(対応はその地域で色々です。)
  • 業者に頼む。

スポンサードリンク

駆除にかかる費用の目安

駆除にかかる料金は、業者によってさまざまですが、だいたいの目安として。

  • 追い出し工事 → 750円~900円(1㎡)
  • 侵入口の遮断工事 → 8,000円~25,000円
  • 市町村または関連事業所への捕獲申請代行費 → 55,000円
  • 捕獲用ゲージの設置と管理 → 22,000~25,000円(一か所)
  • 捕獲したハクビシンの回収処理 → 38,000円(1頭)
  • 糞や巣の回収作業 → 8,000円~18,000円
  • ノミやダニなどの殺虫駆除 → 800円~1,000円(1㎡)
  • 殺菌処理、消臭 → 1,000円~1.200円(1㎡)

まとめ

駆除にかかる料金やサービス内容は、業者によって様々です。

安い費用を提示して、後から高額な請求をする悪質な業者や、悪徳リフォーム会社などと繋がっている駆除業者もいるので注意しましよう。

事前に、見積もり、料金の詳細、サービス内容、保障の有無などを、しっかりと確認してから依頼してください。

駆除となると安い費用ではないし、作業も大変です。

ハクビシンの住処にされないよう、日頃から対策することをおすすめします。

スポンサードリンク