ハクビシンは中国大陸南部、南アジア、東南アジアや台湾などに生息し、日本では江戸時代や明治時代には確実な生息記録がないため、もともとは日本にはいなかったのでは、と考えられている野生動物です。

低い山の山林に生息し、畑や果樹園などの農作物を食い荒らしたり、民家の屋根裏などに住み着いて、騒音や糞尿などの被害をもたらすため、害獣とみなされています。

糞による被害

ハクビシン 糞 対策

ハクビシンは同じ場所に糞をする習性があり、複数いれば複数がその同じ場所に糞をするので糞のたまり場が出来てしまいます。

そして野生動物であるハクビシンには、ノミやダニが体に付着しているため、住み着かれたり糞をする場所を作られてしまうと、非常に不衛生な環境になってしまいます。

ハクビシンが好む場所

夜行性のハクビシンは、夜に行動し、昼間は隠れた場所に潜んでいます。

そのため屋根裏や天井裏がハクビシンの住処になってしまうことが多く、糞もそれらの場所や屋根の上などで発見されます。

スポンサードリンク

対策

  • ハクビシンの餌となるものを置かない。

(収穫した農作物を畑などに残さない、生ごみを家の外に放置しない、ペットボトルや空き缶はキレイに洗う、外飼いの犬や猫などの餌を置きっぱなしにしない)

  • 寝床にされないようにする。

(雑草が生い茂る場所を作らない、壁や換気口など穴があれば、穴を塞ぐか入れないようにする、倉庫や廃屋などこまめに点検する)

  • ハクビシンは木登りが得意なので、家の近くに木があれば、その木の枝から入ってこれないようにする。
  • 小動物用の忌避剤を、侵入されたくない場所にまく。
  • 通り道となりそうな場所を綺麗にする

(身を隠すことが出来ない、見通しがよい場所には警戒するため)

  • 明るい場所を警戒するため、照明を利用する。
  • 市町村役場に相談して駆除業者を紹介してもらう。

ハクビシンは勝手に捕獲、駆除は出来ません。鳥獣保護法で定める狩猟免許と該当地域の都道府県に狩猟者登録が必要です。)

まとめ

屋根裏や天井裏などに寝床を作られてしまうと、糞の除去や清掃など大変な作業になります。

対策は日頃から行った方がよいでしょう。

とくに食べ物には十分注意が必要です。

スポンサードリンク