主にネパールやインド、マレーシアなどアジアを中心に生息しているハクビシン。

もちろん日本にも生息しており、森林にいるのが一般的でしたが、近年では一般の家の屋根裏や軒下に住みつきあらゆる被害を起こしているとして問題視されています。

ハクビシンってどのくらい生きるの?

ハクビシン 寿命

ハクビシンは一般的に野生だったら約10年、飼育している場合は約15~20年生きるそうですが、先程も言いましたが野生の中で、私たちの住む家に忍び込み残飯などを食べているため栄養が過剰に行き渡り最近では25年くらい生きるハクビシンもいるそうです。

果たしてハクビシンが長く生きることは私たち人間にとって良いことなのでしょうか、それともこういった被害を減らすためになにか対策はあるのか考えてみましょう。

ハクビシンはどのくらいの頻度で繁殖しているのか

繁殖期間は早春と晩秋に多く見られるらしく、地域によってはこのどちらの時期にも妊娠・出産するハクビシンもいるそうです。

妊娠期間は約2ヶ月で、1度の出産で昔は4~5匹生んでいたそうですが、最近では2~3匹生むのが平均だそうです。

生後10日ほどで目が開き、3ヶ月経つと大人と同じくらい大きくなるそうです。

こういった周期で繁殖を盛んにすることで徐々に増えていき、野生の場合森林だけにとどまらず、私たちの住む市街地にまで進出してきたのです。

スポンサードリンク

ハクビシンの昔と今

昔は先程述べたとおり、定期的に繁殖することで森ではハクビシンの生息数が多かったのですが特に中国などではハクビシンを食用肉にしたり、毛を使って毛筆を作ったりするため、徐々にその数は減ってしまっているようです。

日本ではそのような目的でハクビシンを処理しないので、ハクビシンにとっては最高の場所なので繁殖数も増え、そして住宅に悪さをしてしまうので頭を抱えているのです。

まとめ

ハクビシンはネコ科なのでやはり犬やネコなどと同じくらい生きています。

ですが長く生きることで日本では私たちの住む家を悪臭や騒音の被害や残飯を食い荒らす被害が多いため寿命も延びつつあるため、なにか解決策がないか悩んでいる自治体も多いのが現実です。

スポンサードリンク