害獣被害の一つに、騒音被害があります。

ハクビシンなどは特に夜行性でありますので夜中に走り回ったり、鳴き声を発したりと夜も眠れないといったことがあるかもしれません。

今回はそういったハクビシンの騒音対策を中心に記事を書いていきたいと思います。

ハクビシンの生態につていて

ハクビシン 鳴き声 うるさい 対策

ハクビシンも繁殖を行います。

繁殖のタイミングは春から秋のうちに一回出産します。

繁殖は断熱材を使用している家屋に限ってはこの年1回の枠に収まらないかもしれませんので、断熱材を屋根裏に使用している家庭は早めに検討しておいたほうが良いかもしれません。

また子供が産まれてしまいますと親のハクビシンはなかなか離れてくれなくなるので、駆除の難易度は子供が産まれると一層高くなると言えるでしょう。

騒音による被害について

基本的には鳴き声による被害は発情期の甲高い声くらいで、普段はあまり鳴き声を発することはありません。

相手を威嚇するときはぐるぐると音を立てるときがありますので、飼っている猫などが軒や天井裏でハクビシンに遭遇しますと、このような音を聞くことがあるかもしれません。

ハクビシンの体重は約5キロと猫よりも大きいので、襲われてしまったらまず怪我をしてしまうと思います。

猫が心配であれば早めに対策を講じたほうが無難かもしれません。

基本的に騒音の対象となるのは、やはりその足音でしょう。

夜中の大運動会などと揶揄されるようにその音はなかなかうるさく、寝付けないという人も中にはいらっしゃると思います。

スポンサードリンク

対策について

完全に住み着いていしまった場合や子供が産まれてしまった場合は、駆除を依頼したほうが無難かと思われます。

まだ住み着いていないのであれば果物を罠にセットして、誘導し捕獲して自然に返すといったやり方もあります。

但し自身で駆除を行うのであれば市役所などに届け出がいるので、申請や手続きをきちんと済ませましょう。

まとめ

完全にいついてしまう前に対策を講じるのが良いでしょう。

子供が産まれてしまいますと繁殖や活動がますます活発になり、うるさい鳴き声があたりに響き渡ることになってしまうかもしれません。

スポンサードリンク