ハクビシンが家に住み着いているかもしれない、農場のあちこちにハクビシンが食べ散らかした跡があるといったことでお悩みの方もいらっしゃるかと思います。

今回はそんな方々の助けになるよう、ハクビシンの追い出し方を中心に記事を書いていきたいと思います。

ハクビシンを追い出すタイミングについて

ハクビシン 追い出し 方法

ハクビシンを追い出すタイミングですが、なるべく発情期や子供を産む前に行いましょう。

子供を産んでしまうと、業者でもなかなか簡単には追い出せなくなってしまいますので注意してください。

子供は一年中出産可能なハクビシンですが、特に春から秋にかけて出産を行いやすいので、時期を考えて追い出しを行ったほうが無難です。

追い出し方法ついて

居ついてしまったものを動かすのは難しいですが、出入りをしている状態であれば比較的簡単に追い出すことができます。

また、捕獲や駆除をする際は市役所に許可がいるので、事前に調べてから行いましょう。

それでは追い出し方法です。

スポンサードリンク

罠にはめる

ハクビシンの通り道に罠を設置して、餌などで誘導しとらえる方法です。

また、命を奪ってしまうと狩猟免許と許可がない限りは、動物愛護法に違反してしまいますので罠の構造には十分吟味して取り付けてください。

忌避剤を散布する

ハクビシンの嫌がるにおい成分を出す薬剤、忌避剤を散布してハクビシンを追い払う方法です。

これは薬剤の値段が高いのでコストを抑えたいと思う人は、野良猫用の忌避剤、イノシシ用の忌避剤などでも効果がありますので、余っているのであれば使いまわしてみるのもよいかもしれません。

通り道の穴をふさぐ、整備する

通り道の雑草を取り除いて見晴らしをよくするだけでも、天敵の鳥類に見つかることを警戒してハクビシンは寄り付きにくくなります。

その他はハクビシンの入りそうな穴をこまめにふさいで、通路を断つのが地道ですが効果的でしょう。

まとめ

ハクビシンを完全に来なくしたり、居ついたものを追い払うのは難しいことですので、現れたら即行動に移すのが良いかと思います。

家や作物を守る際の参考にしていただけたら幸いです。

スポンサードリンク