10年前、世界を騒がせたウィルスSARSが流行していたころ、ハクビシン(ジャコウネコ)が数多く中国国内で処分されていました。

今回はそんなハクビシンと中国で起きた感染症のトラブルについて、記事を書いていきたいと思います。

処分の背景について

ハクビシン 中国 病気

当時中国ではこのSARSが蔓延しており、食用としているハクビシンの糞や体内からこのウィルスによく似たものが検出されました。

SARSというのは重症急性呼吸器症候群の頭文字をとったもので、コロナウィルスという非常に感染力の強いウィルスが原因となって発症する病気です。

命を落とす確率が高かったこともあり、とても恐れられていました。

このようなウィルスが発見され、なおかつ中国の生活によくなじんだハクビシンからということもありましたので人々は恐れて、ハクビシンを迫害しました。

しかし、香港大学医学院の教授は、中国での感染源となる野生動物は「中華キクガラシコウモリ」という蝙蝠が感染源であるとしました。

スポンサードリンク

感染源だとされる生き物について

感染源がこの蝙蝠だと教授が言うのはいくつか理由がありました。

まずこの中華キクガラシコウモリという種は中国の東南、南西に棲息しており、地域の住民には食用として利用されています。

また、中医学では薬の原料として用いているところもあり、近隣の住民には比較的なじみが深く生活の中によく浸透している生き物であると言えるでしょう。

しかし蝙蝠は狂犬病のウィルス、二パウィルス、ハンタウィルスなど様々な伝染病の宿主である場合が多く、この中華キクガラシコウモリ蝙蝠も例外ではありませんでした。

この中華キクガラシコウモリからもウィルスが検出され、ハクビシンよりも多くの動物(人間も含める)と接触するので、教授は蝙蝠が感染源であると推測したとしています。

つまりここでは、ハクビシンも私たち人間と同じウィルスの感染被害者だということです。

まとめ

勘違いや思い込みでひどいことをしてしまうということは人間にはよくあることです。

人間の都合や恐怖心から多くの生き物の命を奪ってしまったという事例はいくつかあるので、何がいけなかったのかをよく振り返り、命をないがしろにするといったことが減ることを願いたいですね。

スポンサードリンク